社会福祉法人あぶくま福祉会 公式ホームページ

社会福祉法人あぶくま福祉会

法人概要

ホーム > 法人概要

法人概要

1.基本理念

障がい者の特性を理解し利用者の人格を尊重して,社会生活への自立を支援し生活の質を
高めるための、サービスの提供と、豊かな日常生活ができるよう地域福祉の推進に努める。

2.事業

第2種社会福祉事業
移動支援事業(だての郷)
日中一時支援事業(だての郷)
生活介護事業所 だての郷の運営
共同生活援助「スクラム」の運営
就労継続支援B型事業所 ほどはら授産所の運営

3.役員等

評議員 理事 監事
定数 15 7 2
現員 15 7 2

4.主な事業

評議員会と理事会の開催

5.施設の重点経営

利用者を主体として、利用者と職員が対等の人間関係を保ち、利用者の支援者としての倫理綱領を遵守し、利用者の人権を重んじ、個々の特性を尊重してサービスの質的向上に努め、新たな福祉施策の趣旨を踏まえた事業の展開を図る。

(1)支援体制の充実

支援体制の充実を目指し,個別支援計画の充実を図るとともに、利用者主体のサービスの質的向上を目指し経営の合理化を図る。

(2)職員研修体制の充実

サービスの質的向上を目指し、職員の専門的研修を促進し、職員の資質の向上を図り、使命感を持ってサービスに当たるための専門的研修の充実と自主的研修の促進を図り、内部における研修の機会を持つこと。

(3)就労促進の支援

就労支援へ向けての支援活動 就労関係機関との連携 地域生活自立のための就労支援を図る。

6.各種委員会の設置

第三者委員会、人権擁護委員会、苦情解決委員会、通勤バス運行委員会

7.役員報酬について

役員報酬は勤務時間に応じて、費用弁済として支払うこととし、下記における当法人の役員等の費用弁償に関する規定の通りとする。

沿革

昭和55年 梁川町に障害者小規模授産施設「梁川町ひろせ授産所」を開所する。
昭和63年 福島市と旧伊達郡9町による授産所建設、法人設立の準備(福島地方広域町村圏協議会で法人設立及び施設建設計画を協議検討)
平成元年 7.28 福島県知事より社会福祉法人あぶくま福祉会としての認可を受ける。
平成 2年 4.1 社会事業授産施設として、ほどはら授産所の開所
平成 5年 8月 伊達地方町村会で精神薄弱者通所更生施設の建設が決定。
平成 9年 4.1 知的障害者更生施設だての郷を開所
平成10年 4.1 ほどはら授産所は「社会事業授産施設」を廃止し、「精神薄弱者施設」に種別を変更する。
平成11年 4.1 障害者福祉法の改正により、ほどはら授産所は「精神薄弱者施設」から「知的障害者施設」に種別変更する。
平成15年 4.1 短期入所事業を開始する。
平成24年 3.1 障害者自立支援法の完全施行により、ほどはら授産所を知的障害者施設から就労継続支援B型事業所に変更
だての郷を知的障害者更生施設から生活介護事業所に変更する。

ダウンロード

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

社会福祉法人あぶくま福祉会
社会福祉法人あぶくま福祉会
(就労継続支援B型事業所 ほどはら授産所)
〒960-0657 福島県伊達市保原町字中瀬町100
TEL 024-575-4355
FAX 024-575-4355
生活介護事業所だての郷
生活介護事業所だての郷
〒960-0657 福島県伊達市保原町字中瀬町100
TEL 024-576-7799
FAX 024-576-7815
グループホーム・スクラム
グループホーム・スクラム
〒960-0709 福島県伊達市梁川町字西塩野川3-1
TEL 024-563-5457
FAX 024-563-5457